« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »

2008年6月

★『ホートン 不思議な世界のダレダーレ』

満足度 diamonddiamonddiamond

おもしろかったのですが大人にはものたりない感じもしました。ファミリー向けの映画ですね。

ほこりの中のダレダーレ国と象のホートン、お互い違う世界で助け合う温かい気持ちになれる映画でした。

出てくるキャラクターたちもかわいかったです。映像もカラフルで良かったです。

最後のダレダーレ国のみんなで叫ぶ言葉、頭から離れなくなります。すごく印象的でした。まわりのほこりにこんな世界があったらおもしろいですね。
夢のあるお話でした。
私は市長と息子のジョージョーの関係が最後微笑ましくて好きでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

★『庭から昇ったロケット雲』

満足度 diamonddiamonddiamond

こういうお父さんがいたら・・・良いのか悪いのか・・・。
ロケットで宇宙に行くことが夢のお父さん。夢は素敵だけど生活を犠牲にしなくちゃいけない面もあることは確か。ただ中途半端ではなくここまで夢を追いかけるお父さんはとても素敵に見えました。

とても家族の温かさが伝わってくる映画でした。夢を追うお父さん、それを信じる家族、こちらもとても温かい気持ちになりました。どんな困難も家族の温かさで乗り越えていく様子にとても感動しました。

夢を持つこと、家族を信じること、とても温かい気持ちになれる映画でした。

| | コメント (1) | トラックバック (1)

『ザ・マジックアワー』

満足度 diamonddiamonddiamonddiamonddiamond

笑いがとまりませんでした。観終わったあとも話をしていて笑っちゃうほどhappy01
佐藤浩一さんの役者っぷりおとぼけぶりが最高でした。
観てるほうまで、ばれちゃう〜なんてハラハラしてしまったり、どうごまかすのか気になったりすっかり映画に入り込んでしまいました。あっという間に終わってしまいました。
かみあわない会話がおもしろかったです。
そんな映画ですが登場人物たちの気持ちが伝わってきてちょっとホロッとさせられたり。

豪華な俳優さんを贅沢に使っていて見逃しそうなところに、今のってもしかして!なんて場面もあったりしました。

観て良かった〜と幸せな気分になりました。
笑って嫌なことすっかり忘れることのできる映画で大満足でしたsign03

| | コメント (0) | トラックバック (0)

★『マジックキングダム』

満足度 diamonddiamonddiamonddiamond

ジャッキーチェンとジェットリーというアクションスターの共演、とても見応えありました。どちらが好きかなんていえないくらい二人とも良かったですheart04

敵も強くハラハラしながら戦いを観ました。二人のアクションだけではなく、最初は冴えないジェイソンがカンフー修行を行い成長していく姿も素敵でした。出てくる強い女性たちもかっこよかったです。女性も男性もヒーロー、ヒロインに憧れを持ちながら観れる映画です。

杖の主を捜すという設定、冒険するストーリーもとても楽しめますhappy01
山の風景、砂漠の風景、森の風景、とても広大で、迫力あるアクションシーンの連続、スクリーンで観たほうが良い映画だと思いました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

★『告発のとき』

満足度 diamonddiamonddiamonddiamond

戦争について考えさせられました。そして戦争の被害は戦場だけではなくその後も続いていくんだ、ということを映画を観てとても感じました。

戦場で命を落とした兵士だけでなく無事帰ってきた兵士たちというのも戦争の犠牲者であり、とても心痛みました。帰ってきたから良かったというわけではなく、いろいろな気持ちを持って帰ってきているというのが伝わってきました。戦場での戦争は終わっても戦争は終わらないのだな、ということを強く感じました。

行方不明の息子を探す父の気持ちを思うととても切なくなるお話でした。トミーリージョーンズの演技がとても素晴らしかったです。

重いテーマでしたがとても考えさせられるテーマで、とても見応えありました。戦争の悲惨な現場だけではなくその後の人々の気持ちというのにも目を向ける必要があることが感じられた映画でした。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

★『奇跡のシンフォニー』

満足度 diamonddiamonddiamonddiamond

音楽をたくさん楽しめる映画でした。ロックからクラッシックまで楽しむことができました。
家族を思い音楽に支えられる少年の気持ちがとても純粋でジーンときました。

ちょっとうまくできすぎたお話にも感じましたが音楽とフレディハイモアくんの演技がとてもよく楽しむことができました。

私にも音楽の才能があったらなー、なんて音楽にはまってしまう映画でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

★『西の魔女が死んだ』

満足度 diamonddiamonddiamonddiamonddiamond

ゆったりと心地よい映画でした。森の景色、家の雰囲気、イギリスの田舎を訪れたかのような感じがしました。
手作りジャムやアフタヌーンティ、女性なら憧れる食卓の光景に、素敵だなーとうっとりひたることができました。

イギリス人のおばあちゃんの優しい口調に癒されました。

子供の頃感じていた気持ちを懐かしく思い出させる映画です。大人に成長するために必要な気持ちを西の魔女が教えてくれる素敵な映画でした。気持ちがきれいになったような気がします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

★『おくりびと』

満足度 diamonddiamonddiamonddiamond

納棺師ってなんだろう?この職業について全然知りませんでした。
棺に遺体を納める方のことなのですね。まるでお茶やお花の作法のようにとても優美な振る舞いで作業が行われていてびっくりしました。芸術的です。
納棺師の仕事を通して人の死の裏にあるいろんなドラマが描かれていたり、冠婚葬祭に携わることへの偏見が描かれていたり、いろんなことを感じることができる映画でした。

誰でも訪れる死、その最後に携わる納棺師という職業をクスッと笑ってしまうところをたくさん入れて重くならないよう描かれていて楽しく観ることができました。ジーンときてしまう場面もあります。考えさせられる場面もあります。とても爽やかな映画ですた。

家族や自分にいつかは訪れる死について、自分なら・・・と考える良い機会にもなりました。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

★『クライマーズハイ』

満足度 diamonddiamonddiamonddiamond

とても衝撃的だった事故、御巣鷹山の日航機墜落事故、あの時の新聞記者たちの奮闘が描かれている映画です。新聞記者たちの苦労がとても伝わってくる映画でした。

てっきり事故が中心のお話かと思っていたのですが、新聞社の様子がメインの映画でした。毎日当たり前のように読んでいる新聞、陰ではこの映画のような新聞社の人たちの努力があってなのですよね。デジタル化されて機器も発達してワケないようなことも当時はすべて人の作業、大きな事故となるととても大変だったのだな、というのがとても感じられました。

仕事のかけひき、とても見ごたえありました。30代40の男性はとても共感できるお話だと思います。記者たちの仕事にかける情熱、とてもかっこよかったです。展開が速くとても楽しめました。
堤真一さん、とてもかっこよかったですhappy01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »