« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »

2008年3月

★『スパイダーウィックの謎』

満足度 diamonddiamonddiamonddiamonddiamond

ドキドキしっぱなしの映画でしたhappy02

悪妖精たちと戦う家族の物語です。次々襲う危機に姉弟が勇敢に立ち向かいます。妖精たちと力を合わせて敵に向かっていきます。その中での家族の絆にホロッときてしまいます。

かわいらしい妖精やにくたらしい妖精がたくさん出てくるのもおもしろいです。それぞれに名前があり個性があって妖精を観るのもこの映画の楽しみのひとつshine

家族の絆がとても素敵に描かれていてそこがこの映画の泣けるところかな。

フレディ・ハイモア君が双子2役というのにはびっくりしました。二人のからみも違和感まったく無いです。

90分コンパクトにまとまっていておもしろいので飽きることなかったです。とてもおもしろかったのでGWにおすすめの映画ですよwink

大人も楽しめるファンタジー映画でした。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

『魔法にかけられて』

満足度 diamonddiamonddiamonddiamond

夢のあるファンタジー、とても楽しめましたーhappy01

お姫様がおとぎの国からニューヨークに行ってしまうお話。
童話の世界と現実の世界、当然NYでお姫様が受け入れられるはずもなく、現実世界でのお姫様っぷりがおもしろかったし微笑ましかったです。王子様っぷりも良かったです。
ニューヨークの弁護士の、現実主義と正反対で更にひきたってます。

恋愛について学んでいくお姫様、最初は世間知らずなのが成長していく様子、嬉しいようなさみしいような・・・。

ストーリーがとてもおもしろいし、ミュージカル調になっているのでまるでディズニーランドのショーをみているようでした。おとぎ話の人物たちはパレードからそのまま飛びだしたよう。
とても夢のあるお話で女性なら憧れるお話です。
お姫様気分で幸せになれる素敵な恋愛映画でしたnotes

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『あの空をおぼえてる』

主題歌がとても良かったです。
平井堅さんの『いつか離れる日が来ても』。しんみ〜り伝わってくる歌詞ですね。

映画は女の子を交通事故で亡くした家族が悲しみから立ち直るまでのお話です。

正直、今回は辛口です。2時間ずっと家族の悲しみや涙、亡くなった女の子の回想シーンが続き、観おわってどんより重い気持ちになりました。家族の悲しみは伝わって来ましたがストーリー展開があまりなくてただただ悲しみの中でのけんかや愚痴を2時間観せられたという印象です。実際家族を失ったかたの現実なのだろうと思います。


そんなストーリーの中、広田亮平くんのお兄さん役、演技もうまいしほのぼの気分になりました。


ぜひ明るい気分の時に観てくださいね!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『うた魂』

試写会に行きました。
観終わって出て来る人たち、みな笑顔でした。すごく元気になれる映画です。
高校生たちが歌う姿に感動です。

私も高校生の時、大きな口を開けて歌うのがとても恥ずかしかったです。なんだかかっこ悪いように感じていました。
今思うと一生懸命歌う表情、素敵なんですよね。


映画を観ていたら、感情こめて大きな口開けて歌いたくなりました。そんな機会ないのがとても残念・・
先生が言っていた今しかみんなで歌うことはできないという言葉、本当だなーととても思います。
みんなで歌う楽しさ、気持ち良さを懐かしく思う映画でした。


最後の合唱は映画ということ忘れて拍手しそうになりました!
ゴリ率いる不良合唱部の歌も感動です。

笑いあり、感動あり、観て爽やかな気持ちになれる映画でした。


夏帆さんの口大きく開けて歌う姿もかわいかったし、ゴリさんの熱い歌も良かったです。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

『ダージリン急行』

小さい映画館、日曜日ということもあり満席でした。

兄弟3人がダージリン急行でインドを旅する物語です。
それぞれ長男、次男、三男の特長が表現されていておもしろかったです。三人をまとめようとする兄がとても微笑ましかったです。実際はうざいんだろうなーと思いました。

インドの雰囲気や景色が見れるのでまるでこちらも旅しているような感じでしたよ。食事や寺院・・・観光しているようでした。小さな村も訪れるのですが、その生活の様子も見れてドキュメンタリー番組のよう。

マークジェイコブスのかばんもおしゃれでした。私もお気に入りの旅行かばん、ほしくなりました。旅が楽しくなりそうですよねhappy01

旅が大好きな人にはとてもおススメ。
ですがストーリー自体家族をテーマにしているので、どなたでも楽しめる映画です。
3兄弟が主人公なので男の人のほうが共感できる映画だとおもいます。
あとは、音楽が旅の雰囲気を盛り上げていました。帰りは口ずさみながら映画館をあとにしてしまいますnotes
ほんわりのどかな気分になれる映画でしたconfident

| | コメント (0) | トラックバック (1)

『チームバチスタの栄光』

原作読んでから観ました。私の中で登場人物はイメージ通りでした。特に吉川晃司さんの桐生先生、阿部寛さんの白鳥はそのまんまで良かったです。

血は苦手な私もこの映画の手術シーン、大丈夫でした。心臓ってこんな感じなんだー、なんて観れちゃうくらい。あまりリアルじゃなかったのかな。

手術シーンは普段見れない医療現場、興味深かったです。人の体がモノのようで心臓ってあんなふうに持てるんだーとか、ドリルで穴開けたり・・。

医療現場の緊迫した感じも伝わって来ました。
お医者さんの過酷な労働、実際もっと大変だとは思うのですが、とても伝わって来ましたし、考えさせられました。

映画として物足りない気はしましたが自分の知らない医療現場の様子をのぞけたのが良かったです。

白鳥と田口先生の二人のやりとりおもしろかったです。

本もおすすめですよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『バンテージポイント』

期待以上のおもしろさでした。最初からハラハラドキドキしっぱなし。あまり好んでアクション映画を観るほうではないのだけどこの映画はストーリーも良かったしアクションシーンも気持ち悪いシーンもなく楽しめるものでした。カーチェイスシーンは迫力あって見応えありました。
大統領の暗殺を8人の目撃者の違った視点でストーリーが展開されるのもとても新鮮でした。同じシーンがいろいろな角度から見れてそれが最後につながる・・。一つの事件を通してそれぞれのドラマ、それぞれの気持ちがわかる、それぞれの事情が伝わるストーリーに、おもしろくて90分間あっという間でした。好きな映画の一つになりました。
大統領を守る一生懸命なちょっとさえない主人公がとても良かったです。
ハラハラドキドキおすすめの映画です!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『花影』

『花影』 という映画の試写会に行ってきました。日本と韓国の桜がとてもきれいな、恋愛映画でした。
山本未來さん主演の、在日三世と韓国の教師との恋愛映画です。というつもりでしたが、実際観てみると、働いている女性の生き方が描かれている映画でした。仕事に悩み、恋愛での別れや出会いにより成長していくお話です。

働いている女性はとても共感できる映画だと思いました。日常を忘れてどこか行ってしまいたい、そんな風に感じることありますよね。その中での恋愛物語。。。ちょっと夢みてしまう映画でした。

韓国が好きな方にもとてもおススメです。韓国の生活やしきたりがとてもよくわかりました。日本の家族と韓国の家族、家族についても描かれている作品でした。
山本未來さんもとても素敵でしたよ。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »