« 『クワイエットルームにようこそ』 | トップページ | 『スターダスト』 »

『象の背中』

自分がもしあと余命半年と言われたら・・。

48才のサラリーマンがガンにおかされ、余命半年どう生きていくかを描いた作品です。
象は自分の死期に近づくと群れから離れ死を迎えるそうです。

主人公は延命治療をせずホスピスの道を選びます。家族の愛、今まで係わって来た人たちの友情、愛情に支えられ最期を迎えます。
この映画を観て、こういう最期を迎えるというのは勇気がいるし怖いこと、だけど最期まで自分のスタイルで過ごせる、理想の最期の迎え方でもあるな、といつか必ず訪れる最期について考えさせられる映画でした。

家族愛が温かく素敵に描かれていました。今井美樹さんはやっぱり綺麗!素敵な優しいお母さんでした。

最初から最期まで涙が止まりません。重いテーマですが半年間一生懸命生きる姿に感動するし勇気付けられます。

家族や病気について考える良いきっかけになる映画ですよ。

|

« 『クワイエットルームにようこそ』 | トップページ | 『スターダスト』 »

★★★★ おもしろい!」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/400065/8446601

この記事へのトラックバック一覧です: 『象の背中』:

« 『クワイエットルームにようこそ』 | トップページ | 『スターダスト』 »