« 『幸せのレシピ』 | トップページ | 『クワイエットルームにようこそ』 »

『エディット・ピアフ』

誰もが聞いたことのある『愛の讃歌』、その裏にあるエピソード。ちょっとでも知っているとまた違う曲に聞こえてきますね。

その歌を歌ったフランスのシャンソン歌手の切ない一生を綴ったお話です。
華やかなスターはとても孤独でした。貧しい家庭に育ち、お酒や薬におぼれ、交通事故や殺人容疑、愛する人の死・・。波瀾万丈の生涯ですね。可愛そうだなぁと思う気持ちもあるけど、もうちょっと強く生きられなかったのかな、とも思いました。どの出来事も自分が引き寄せてるきがして・・。
エディット・ピアフは太く短く一生懸命生きたのでしょうね。

Nec_0017 こういう人生だったから深く人を感動させる歌が歌えたんだなと納得する物語でした。

ストーリーとしてとても良かったです。普段シャンソンを聞かない私でも飽きずにうっとり音楽の世界にひたることができました。

私の評価 ★★★★

|

« 『幸せのレシピ』 | トップページ | 『クワイエットルームにようこそ』 »

★★★★ おもしろい!」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/400065/8157921

この記事へのトラックバック一覧です: 『エディット・ピアフ』:

« 『幸せのレシピ』 | トップページ | 『クワイエットルームにようこそ』 »