« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »

2007年7月

『バベル』

今更ですが、やっている映画館があったのでバベルを観にいきました。面白いかつまらないかはっきり分かれる映画と聞いていましたが、私はおもしろいと思えた方です。

バベルの塔の話、わかるのとわからないのではやはり違いますね。わかって観に行くと映画を深く考えられるというか・・・。

ちょっと残念だなと思うのは日本の表現の仕方です。もちろん一部くらい部分としての日本が表現されていたのだと思いますが、日本人としてあまり良い印象をもちませんでした。
ラストが日本というのはちょっと嬉しかったし、ラストシーンはとてもきれいです。

あとからいろいろ考えるとおもしろい映画だと思いました。一人でじっくり観るのが良い映画です。

私の評価 ★★★★

| | コメント (0) | トラックバック (2)

『ヘアスプレー』

すごい素敵な映画!! ダンスショーに憧れる太った女の子トレーシーがとてもかわいらしいんです。まわりの人を勇気付け、自分も悩みがあるのにいつもニコニコ前向きに頑張る姿、感動します。こうやっていつも明るく元気に過ごしているからこそ、すべてがうまくいくのだな、と思いました。

ジョントラボルタも最高です。本当に太ったのかと思い、心配しましたが、特殊メイクのようですね。違和感なく個性的なお母さん、とても良い味だしてました。

とても元気になれるし、きっと悩みもふきとんでしまいます。疲れているときに観て思いっきり笑って日ごろのストレス解消にもってこいの映画です。音楽も素敵なので、サントラぜひ買おうと思っています。10月公開なのでまだまだ先。公開したらもう一度ぜひ観にいきたいです。本場のミュージカルもぜひ観たいです。もう日本公演は終わってしまったのかな。
大満足の作品です!!

私の評価 ★★★★★

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『ベクシル2077 日本鎖国』

映像のきれいさにとてもびっくりです。目の動き瞬きの様子、首の動き、すべての動作が本当の人かと思えるくらいです。
最初は内容がつかめず、ちょっと退屈してしまいましたが、ベクシルが何者か、日本の状況がわかってくると映画にひきこまれていきました。
アニメーションのわざとらしい会話がちょっと引いてしまう感じもありましたが歌も映像もストーリーも良かったです。アニメはあまり観ないので新鮮だったのかも。大人が楽しめるアニメ映画です。子供は難しいかな。

私の評価 ★★★☆

| | コメント (0) | トラックバック (1)

海外ドラマ『リ・ジェネシス』

ブロガー試写会で観にいきました。初めて海外ドラマの試写会で楽しみでした。

バイオテロ、ウィルス、クローン、天然痘、エボラ熱・・・言葉だけ聞いていると、とても難しそうで観るまでは苦手分野かなあ・・・と思いつつ行きました。そんな不安はすぐに消え、最初からドラマに引き込まれました。
ある事が起きてドラマは数ヶ月前にもどり始まります。なぜその事が起きたのか、まだ試写会で観た2話だけではなぞです。登場人物もミステリアスな人が多くこの人は何かあるぞ、と思わせる人もいたり、クローン少年のなぞ、事件のなぞ・・なぞが多く続きが観たくなります。
用語が難しいと思いきや、ドラマの中でわかりやすく説明が自然と出てきます。なのでニュースでちょっと聞いたことがある程度の知識で十分楽しめるドラマです。

バイオテロ、そんなことが起きるわけがないと思うのですが、観ていると、起きてもおかしくないと思わせるドラマです。うがい手洗いをきちんとしようと思ってしまいました。
最先端のテクノロジーが私たちのためにもなるし、また私たちを傷つけもする、良い方へも悪いほうへも発展してしまう。クローンの少年を見て考えさせられてしまいました。「このドラマは進化しすぎた人類への警告である。」 まさにそのとおりです。
実際バイオテロが起きたらどうなるのか、ドキドキハラハラしながら観ました。早く続きが観たいです。主人公のデビットもなかなか素敵です。

DVDレンタルは8/24からですよ!!

   ←クリックするとドラマの予告が観れますよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『サン・ジャックへの道』

サンティアゴ (サンジャック) まで1500㎞。仲の悪い兄弟3人が母の遺言により巡礼する物語。
その旅を続ける中で、人生について考えたり、家族のことを思いやったり、それぞれが成長していきます。

フランスからスペインのきれいな景色がとても素敵です。映画ののどかな風景を観ているととても癒されました。こんな旅なら私もやりたいと思いました。途中出てくる大聖堂などもこちらも観光しているかのように感じられました。
3ヶ月間歩き続けるって想像もつかないけど、きっといろいろなこと人生について考えさせられるんだろうな、と思いました。

私の評価 ★★★★

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『怪談』

日曜日の試写会とあって、30分前に行くも席を探すのに一苦労・・・。並びで2つをやっとみつけました。尾上菊之助さんがトークライブで来るからか、それだけ期待の大きい映画なのかという感じです。年齢はいつもの試写会に比べ高いように感じました。映像的に怖い、気持ち悪いシーンはいくつかありましたが、ストーリーとしては怖くないのでホラー嫌いな方でも大丈夫です。私もホラー苦手・・・と思いつつ行くも、全然平気でした。幽霊が怖いというより女の嫉妬、愛情が怖いという感じです。女性って怖いと思った男性が多いのでは・・・。女性の立場から見ると、尾上菊之介が演じる新吉が優柔不断な男で悪いように思えました。尾上さん自身、トークライブの中で、新吉って嫌なやつって思った女性も多いのでは・・・と言っていました。
ラストのシーンは見ごたえあります。監督のトークから、最後は西洋画の聖母子像を参考にしたというお話でした。
主題歌が浜崎あゆみなのがちょっと違うような気がしましたが、時代劇ホラーという感じではなく恋愛映画という感じからそうなったのでしょうか?黒木さんも嫌な女役とはいえ、とてもきれいです。ホラー苦手ですが楽しめる作品でした。

私の評価 ★★★☆

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『私のちいさなピアニスト』

こんなに良い映画だと思いませんでした!!
最後は涙がとまりません!観終わったあとはすすり泣きが映画館中で起きていました。女性の化粧室は泣きはらした人の化粧直しで混雑していました。

おちこぼれピアノ教師とピアノ好きな少年の物語です。師弟愛というか親子愛というか・・・お互いを思いやる気持ちがとても切なくて切なくて・・・。

ピアノの音色にとても感動します。
有名な曲を上手に弾くのも素晴らしいのですが、自然の音をピアノで表現できる感性が天才であるように感じました。

観終わったあとの聞こえてくる声はみんなすごく良かったというものでした。
今はインテリアとなってしまっているピアノ・・・たまには弾いてみようという気持ちになりました。とにかく感動です。今年一番といっても良いくらい素晴らしい映画でした!!

私の評価 ★★★★★

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『天然コケッコー』

のどかで温かい気持ちになれる映画でした。
小中学校合わせて7人の学校。その中でくりひろげられる日常のちょっとしたできごとがストーリーとなっています。恋愛のこと、将来のこと、友達とのこと・・・・中学生なら誰もが悩んだことが描かれています。なかでも大沢君とそよちゃんの恋愛がとても新鮮でかわいかったです。
みんなが家族のようで、みんなが仲良い友達で、都会では味わえない温かさというのが伝わってきました。

海岸の景色がとてもきれいでした。学校、家、一本道、田んぼ・・・都会では見ることのできない風景が映画の中に広がっています。田舎の良さがとても伝わってくる映画でした。
くらもちふさこさん原作のようで、ぜひ原作を読みたいと思いました。とても穏やかで良い映画でした。

私の評価 ★★★★

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『プロヴァンスの贈りもの』

きれいな映画でした。南仏の景色、とても癒されます。
ストーリーは普通なんです。南仏舞台の恋愛物語、どうってことないのですが、別荘のようなプール、テニスコート付のお屋敷、南仏の景色、優雅に庭でワイン・・・なんだか自分も一足早い夏休みを満喫したような気分になりました。あんな休暇を過ごしてみたいと思いました。
金融マンをやめて恋愛、南仏を選んだのは現実的ではないように思えましたが、あののどかできれいな南仏の風景を見ていたら、わかるような気もしてきました。
疲れている時に観ると難しく考えずにきれいな景色にひたれるとても良い映画だと思いました。女性が夢見るような映画です。
夏休みどこにも行く予定の無い方はぜひ。

私の評価 ★★★☆

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『ボルベール <帰郷>』

とても明るい気分になり、元気の出る映画です。音楽もラテンのノリで映画の雰囲気にあってました。

内容はとてもシリアスなのに、ベネロペクロスのたくましさが元気な映画にしていると思います。母と娘、けんかもしつつ、だけどお互いを思いやりながら生きる姿が印象的です。スペインの生活の様子もうかがえるし、かわいい雑貨やインテリアがでてくるので、映像もとても楽しめます。ベネロペクロスの服装も楽しめました。壁紙のようなお花のイラストが素敵です。

たくさんの女性に観てもらいたい作品だと思いました。母親と娘、わかりあうシーンはとても感動します。元気になれる映画でした。

私の評価 ★★★★☆

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『ハリーポッターと不死鳥の騎士団』

ついに!! 大好きな作品なのでとてもとても楽しみにしていました。試写会で観れるとは思わなかったので映画館で観るより嬉しさ倍増です。国際フォーラムのセキュリティはとてもすごかったです。荷物検査や探知機、映画の上映最中は警備員が立っている状態・・・。こんな試写会初めてです。

今回はたくさんの魔法あり、対決あり、恋愛あり・・・。だんだんと名前の言えないあの人と対戦ムードも強くなってきているので、映画自体深刻な感じ、明るいよりは暗い感じ。新しいキャラクターや魔法も登場したりと見所満載です。噂のハリーの初・・・もあるし。
ハリーもロンもハーマイオニーも大人っぽくなりましたね。さみしいような楽しみのような、これからどんな役者になっていくのか、次作に期待です。

観終わったばかりですが、早くも次の公開が待ち遠しくなりました。

これから観るには『アズカバンノ囚人』と『炎のゴブレット』は復習していくのが良いと思いました。もう一度映画館に行ってしまうかも・・・・。

私の評価 ★★★★★

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『オーシャンズ13』

とてもとても豪華キャスト。主役をはれる人たちが何人もいる映画ってあまりないですよね。ラスベガスのホテル舞台にこちらも豪華だし、見ていて華やか、おしゃれで絵になるシーンがいっぱいでした。

内容は、ん~ちょっと間延びしているというか、ゆっくりな感じで途中あきてしまいました。メンバーのこともあまり紹介されていないので、1と2を見てない人はわかりにくいのでは、と思いました。
だけど、くすっと笑えるシーンもあるし、映像の撮り方がとてもおゃれで、またかっこよく渋い役者さんばかりなので、楽しめます。
1.2を観て行くと楽しめると思います。マットデーモンが良かったです。

私の評価 ★★★☆

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »