« 『ナイト・ミュージアム』 | トップページ | 『東京タワー オカンとボクと、時々、オトン』 »

『武士の一分』

今更ながら、『武士の一分』を観に行きました。この時期にまだやっている映画館があったのです。失明した武士をキムタクがどんな風に演じるのかとても楽しみでした。

お毒見役での食事中に失明してしまった夫をなんとかしようとする妻がとても健気です・・。檀れいさんのさわやかで素直な加世役がとても素敵でした。夫婦それぞれが、それぞれを想いとる行動・・愛のある夫婦って素敵だな、と思いました。二人を見守る徳平もとても良かったです。

その後、質素ながらも二人仲良く幸せに暮らしていくのが想像でき、温かい気持ちで観終わることができました。藤沢周平さん原作の作品、貧しい武士を描いているのだけど、いつも温かい気持ちになれるので好きです。

私の評価 ★★★★

|

« 『ナイト・ミュージアム』 | トップページ | 『東京タワー オカンとボクと、時々、オトン』 »

★★★★ おもしろい!」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/400065/6321549

この記事へのトラックバック一覧です: 『武士の一分』:

« 『ナイト・ミュージアム』 | トップページ | 『東京タワー オカンとボクと、時々、オトン』 »