« 『300 スリーハンドレッド』 | トップページ | 『それでも生きる子供たちへ』 »

『俺は、君のためにこそ死ににいく』

試写会を観に行きました。3日連続の試写会です。こんなの初めてです。
会場には若い人より年配の人が多かったように思います。

石原都知事が総指揮、脚本です。
知覧の特攻隊のお話で、特攻隊として死んでいかなければならなかった若者たちと家族や恋人、友達との物語が描かれています。10代20代で、明日死ななければならない気持ち、どんなだったんだろう、と思うと、くやしくて仕方がありません。まじめに、勇敢に戦った彼らの姿に涙がとまりませんでした。

靖国神社の桜の木で会おうと、散っていった部隊、その隊長の皆と最後にかわす言葉がとても印象的でした。最後ほたるとなって桜の木であうところ、涙が止まりませんでした。

トメさんの温かさ、優しさ、岸さんの演技からとても伝わってきました。

私も戦争を知りません。だけど、勇敢に日本のために愛する人を守るために命を落としてくれた人たちがいたこと、ずっとずっと忘れてはいけないことだな、と映画を観て改めて感じました。多くの若い人たちに観てもらいたいです。

私の評価 ★★★★★

|

« 『300 スリーハンドレッド』 | トップページ | 『それでも生きる子供たちへ』 »

★★★★★ 絶対おススメ!!」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/400065/6322055

この記事へのトラックバック一覧です: 『俺は、君のためにこそ死ににいく』:

« 『300 スリーハンドレッド』 | トップページ | 『それでも生きる子供たちへ』 »